私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年02月18日

大人の思いと本人の思いの違いがわかるためには本人に表現してもらうこと

 大昔の話です。
 
 特別支援学級にいた頃。


 Kingさん、こんにちは、○○です。

> 大人の考えと本人の思い・・・

 □□は、自分の想いが自分でわかっていて、それを出してくれるのが、いいところです。
 こういうところは、兄貴となんも変わりません。
 ただ、言葉で言わないだけです。

> お互いの見通し・・・

 □□自身が見通しを立ててくれることは、まだありませんから、□□の行動がこちらに見通しが立つように、□□に場面場面のスキルを教えていくとか行動を理解していくとか、そんなことが必要なんでしょうね。

追記
 自閉症(スペクトラム)の方とつきあう時は「目でみえる」表現方法、「目で見える見通し」(スケジュール)が必要になりますね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック