私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年02月15日

研究会でやっていたこと

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


※研究会でどんなことをやっていたかの一例です。

 こんばんは。○○です。

 今日はご苦労様でした。
 添付ファイルの活動案内は無事いただきました。ありがとうございます。

 でもKingさんもおっしゃってますが、ここののみなさん全員が一太郎の添付ファイルを開ける環境にあるかどうかわからないので、同じものを以下に列記します。重複しますが、よろしくお願いします。
----------------------------------------------------------------------
  自閉症の子どものクラスルーム・研究科
[2002年度 ご案内]

     講 演 会
  井上 雅彦先生 兵庫教育大学
 「自閉症の理解と支援−−−応用行動分析によるアプローチ」 
 日時 (日)
    13:30〜16:00 (受付は13:00から)
 場所 
 参加費 会員 無料   非会員 1000円

     講 演 会
 服巻 智子先生 日本自閉症協会 佐賀県支部
「高機能自閉症の人への支援」
日時 (土)
    14:00〜16:30(受付は13:30から)
 場所 
 参加費 会員 無料   非会員 1500円

    視覚支援 実践報告・制作会
 日時 (日)
    10:00〜16:00
 場所 

    講 演 会
明石 洋子さん 川崎市の公務員明石徹之さんのお母さん
   「自立への子育て」(仮題)
 日時 (土)
    14:00〜16:30 (受付は13:30から)
 場所  未定 (5月初旬に決定します。)
 参加費 会員 無料   非会員 1500円

    講 演 会
中山 清司先生 横浜やまびこの里
 日時 (日)
    13:30〜16:00
 場所  
 参加費  会員 無料  非会員 1000円


自閉症の子どものクラスルーム・研究科とは

 私達は自閉症の特性を理解し、それぞれの子どもにあった療育をするために講演会や実践交流をおこなっています。自閉症は中枢神経系の不具合によっておこる発達障害です。対人関係やコミュニケーションに障害をもち、また、同一性への固執を示すという特徴をもっています。これらの障害を理解し、自閉症の人たちが落ちついて過ごせるように、 環境をわかりやすくしたり、情報をわかりやすく伝えることがとても大切だと思います。では、具体的にどんな工夫があるのでしょうか?あなたも、ご一緒に考えてみませんか?

年会費 4000円

 どなたでも会員になることができます。年会費を添えて例会の時お申し込みください。
(連絡先)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック