私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年02月15日

研究会の説明文について 「療育」についても

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 えっと、研究会の説明ですが・・・
-------------------------------
自閉症の子どものクラスルーム・研究科とは

 私達は自閉症の特性を理解し、それぞれの子どもにあった療育をするために、講演会や実践交流をおこなっています。自閉症は中枢神経系の不具合によっておこる発達障害です。対人関係やコミュニケーションに生涯をもち、
------------------------------------------
  なかなか素敵な文ですね。
 引用した最後の行、「生涯」→「障害」ですね。


 ところで添付ファイルはここには流さず、個別メールで送ることにしましょう>ALL

なんせ、添付ファイルにはドキドキしてしまうので・・・・ウィルスちゃうかあとか。

追記
 この頃は「療育」という言葉しか無かった感じですね。私はな〜んか違和感があって、いつの頃からか「「自閉症の人との関わり方」「自閉症の人とのつきあい方」というようになりましたが。

 まあ、でも今でもやりとりをする相手の方が「療育」という言葉を使えば、それを否定することはしませんが。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック