私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年02月13日

保育園在園生の保護者に先輩として話をしに行った

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 みなさまこんにちは。○○です。

 今日は、□□が4年間お世話になっていた保育所の園長先生からの依頼で、自閉症、もしくはその周辺のお子さんのお母さんとの座談会がありました。

 私がお話してもいいのかな?って思いながらも□□の4年間の様子を簡単にお話して 学校での様子、学校と保育所との違いなどを話しました。

 卒園式、入学式でのことを正直に話しました。(卒園式では視覚支援は望めなかったが、入学式で視覚支援をして参加する事ができたということ)

 そのなかで、スケジュールのお話をした所自閉症の子に教室の1画を使ってスケジュールを作ってみようか。と、園長先生が言ってくださった。

 とっても小さな1歩ですが、お話に行ってよかったな。

 保育所に□□を預けている時は座談会なんてなかったし、お母さん同志の交流の場として今後も続けて欲しいなあ・・・

追記
 先輩として在園生のお母さんたちに話をしに行かれたわけですね。で、自分のお子さんの時は特にスケジュールも無かったみたいだけど、次世代の子どもたちのためには用意してみようか、という話になったということですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック