私の関わりのある法人

スクリーンショット 2015-01-19 0.09.07.png

スクリーンショット 2015-01-19 0.16.04.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年02月06日

卒業式で校長先生の話の視覚支援をすること

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 こんばんは。○○です。

 とうとう卒業式が来週になりました。


>  □□は、あの冊子より、トランジッションコーナーに貼ってあった
> 一枚ペラの方が、わかりやすかったみたいです。
>  内容は「同じもの」やのに…。

 この△△さんの言葉で後押ししてもらったような気がします。

 いろんなとこに頭を下げ、やっぱいちばんやりたかった形にします。

 私のにこの仕事のまわってくるきっかけは、私に役がなかったことから来ています。(つまり校内で重要視されていない人)だから、いろいろややこしいのだけど。会議で承認された仕事ではないから・・。

 頭下げるのはただやもん!
 校長先生の話は大きな大きな紙芝居風にします。

 多分子どもたちは喜ぶと思います。
 自閉症じゃなくても・・・。

 一緒に動いてくれた仲間に感謝。

追記
 特別支援学校の卒業式の視覚支援ですね。最初はたいていの人が「頭を下げまくる」ところから出発しています。

 もう、卒業式やその他の行事の時の「お話」の視覚支援は当たり前だと思っていましたが、そうでもない学校もあるようです。


この記事へのコメント
確かに。卒業式でも重度の生徒たちにとって
校長の話なんて聞いてるだけじゃ分からないもんなぁ。
パワポへの取り込みやプロジェクタの準備はこちらができるから
絵の上手な先生がいたら実現可能か。
Posted by はやと at 2011年02月06日 10:08
はやとさん、どうもです。

|絵の上手な先生がいたら実現可能か

うふふ、下手くそでも大丈夫。その例。

「パンツをはいたままおしっこする」
http://kingstone3.seesaa.net/article/182530060.html

「ホットケーキ作りの手順書」
http://kingstone3.seesaa.net/article/182532420.html
Posted by kingstone at 2011年02月06日 10:58
いや、充分上手です(*^o^*)
Posted by はやと at 2011年02月06日 16:31
そう?
Posted by kingstone at 2011年02月06日 17:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/184493807

この記事へのトラックバック
スクリーンショット 2015-01-19 0.09.07.png