私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年02月06日

この学校の体制はいい感じかもしれない

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 みなさまこんにちは。○○です。

 支援費制度の意見交換会で、どっと疲れてまいりました。向こうの話はなく、こちらがどう思ってるか?様々な団体の話を聞いて「ハイおしまい」というものでした。これで、意見は反映されるのかな?と疑問です。


 話は変わって、□□の小学校に来年度自閉症周辺の子供たちが4名入学することになり、普通学級にいる高機能自閉症の子も入れると障害児学級は8名になるそうです。担任は来年度は2クラスになるものの、パニック状態になっています。(他に普通学級にも高機能自閉症、ADHDの子、ダウン症の子もいます。)

 幸いにも、今在籍している子たちのお母さんにも来年度に向けてどうしていったらいいか、意見を求めています。「こんなん、言ってもええんかな?」ということまで言わさしてもらってます。(^^ゞ(うるさい親かも)

 担任以外にも教師が足らないので、入れ替わり立ち代り入る事になるので、

・個人を知ってもらうためにサポートブックを置いたらどうでしょうか?
・それぞれのスケージュールを確認しないといけないのでホワイトボードをコーナーに設置しましょうか?

とか、、、。
「それっていいですねえ〜!」って言ってくれる担任はありがたいです。それでも、連日話し合いをしなくてはならない状態です。

 学校全体の姿勢?なのでしょうか、、。。
 だいぶ危機感を持たれていて、(人員的に足りないので、)自閉症関係機関に出向いたり、逆にDrにも来ていただいて先生がたの勉強会をしたりするようになりました。

 良い事やな、、。こんな体制が広がってくれたらな、、。(どんな形でもいいから他の学校にも)と、思います。

追記
 自分たちでも勉強しに行きいの、保護者の意見を採り入れえの(それも保護者がきちんとした意見を言えるからですが)いい学校ですね。
 どこだって人手・資源は限られているのです。その中で工夫していくしかないのですから。
−−−−−−−−−−−−−−−
 ○○さん、どうもです
 kingstoneです。

> 障害児学級は8名になるそうです。
> 担任は来年度は2クラスになるものの、パニック状態になっています。
> (他に普通学級にも高機能自閉症の子、ADHDの子、ダウン症の子もいます。)

 ピンチはチャンスかも。
 その状態でどうやっていったらいいのか・・・

 子どもに自立的に動いてもらわないと仕方がない。
 そして子どもに合わせていかないとね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック