私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年02月04日

「視覚支援やってみたけどあかんかった」と言われた話2(支援費の話も)

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


「視覚支援やってみたけどあかんかった」と言われた話とか「支援費制度(今の障害者自立支援法)」への返事です。

 ○○さん、こんにちは。syunです。

> その反対に自分で、改良して使ってたひともあった。

 良かったですね。

 確実に広がりましたね。

> 「これを渡しても見ない。」「やぶられた・・・。」など・・。悲しい意見聞きました。

 特別支援学校も契約制になると違う動きになるんかな・・・・・

 私らどんだけ不安か>契約制

 ちなみに、私らは「市立」なので、条例の改正をせなあかんのよね。

 間に合うんかな??>□□市・4月には人事異動もあるし。

 話はワープします。

 △△さんが就学前施設でやってはることを報告してくださいましたが、私の友人が昨年から施設長をしているAAAAA園も、このたび施設長の意向でTEACCHを本格導入することになりました。施設長曰く「時代がそうなってる」

 ちなみに、そこは、施設の改修時期と重なってるので、建物から構造化しようということで、私もイッチョカミします。

 もちろん先進施設に職員を派遣実習させたいと言うことなので、そういう所に関係されている方は、なにとぞよろしくお願いします。

 つきましては、ここの研究会とTAS(丹波自閉症協会)に毎回何名かの職員を研修として参加させたいので、よろしくお願いしますとのことです。

追記
 そういう流れもあったわけですね。ある地域の近所なら、当時まともにTEACCHのことを勉強しようと思ったら、うちの研究会とTASに行くのが一番早道だったと思います。
 今はどうなっているんだろう。公的な所がその役を担ってくれていたらいいのだけど。しかし、公的な施設の自閉症に関わる人が「困って」ある小さな団体がやってる研究会に自腹で参加してる、って言うしな。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック