私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年02月01日

ネットワークの歩き方

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 ハルヤンネさん、○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

> > ハルヤンネさんを怒らせてしまったことは、ショックだし、自分自身が理解で
> > きていなかったこともショックです。多分、この子の障害自体の受容が
> >出来ていないんでしょうか
>
>  怒ってへんです。
>
>  誉めたつもりが、朝起きたら、怒ってることになっているとは…。いえい
> え、私の書き方が悪いのです。すみません。

 メールや掲示板などではこの手の「感情の行き違い」はしょっちゅうです。
 自分が思ってもみなかった取られ方をする、ってのよくあります。
 なんせ表情も、身振りも、音声の調子(抑揚など)もない、文字だけのやりとりですから。

 多くの人は音声言語でやりとりする時に「言葉」の内容だけでなく、上記の様々なものを受け取って、そしてそれを受け取った相手の表情や応答により、瞬時に訂正を加え「いいコミュニケーションができるように」調節していくわけです。(音声言語でのやりとりでも、言葉の内容のみでの情報伝達量は全体の2割と言われています。つまり8割は上記の様々なもので情報をやりとりしてるわけね)

 でまた、文字だけのやりとりは、書いた人がどう思って書いたか、というのではなく、読み手の心の中にあったものが書かれたた文字によって触発され、出てきてしまう、ということもあります。

 例えば○○さんの例で言えば「障害自体の受容をできていない」と言われないだろうか、というのが今までの体験などからおありになったのかもしれませんね。(これは程度の悪い推測です。こんなこと書いてすんませんです。たまたま今回のやりとりで例として出させて頂きました)

 こういった感情のやりとりが振幅大きく、しかも悪い形で行われやすいのが電子ネットワークの世界だったりします。インターネット掲示板の世界では「2ch」なんてのが、すごくいい例だったりします。罵倒の嵐だったりしますもん。

 対策としては

書く方
 ・言葉や書き方に気をつける(これも場合によって状況によってまたやりとりする相手によって様々に変化するから、どんな書き方がいいか一口では言えないですけど)
  
読む方
 ・相手の書いた言葉以上に深読みしない。
 ・書かれていることとこちらの推測を区別しておく。 

 で、みんなめげずにタフにつきあいましょう、というあたりかな。

 でもね、結局これってフェーストゥフェース(実際に顔を合わせてコミュニケーションする)の世界でも一緒かもしれない・・・・
この記事へのコメント
 基本的に日本人は「読む訓練・書く訓練」を受けていなさすぎます。だから,論理的な文章を作るのが苦手で,文章はフレーズだけに目がいってしまいがちになります。FEDHANでは多く経験しましたし,だいたい政治家に対しての批判なんかもその手のものが多いですね。「未曾有」を「みぞうゆう」って読んだくらいであんなに批判するのはばかげています。しかも,その手の批判する人は「消耗」を「しょうもう」,「洗滌」を「せんじょう」,更に言えば「大根」を「だいこん」と読むことに何ら疑問を持っていない人です。「全然」には必ず「否定表現が続く」などといっている人たちは夏目漱石や森鴎外や芥川龍之介を「あなた達の日本語は間違っている」と批判するのでしょうかねぇ(「全然」は読んで字のとおり「まったくしかり」,つまり「全く」の強調表現なので否定も肯定も続く)。
 ちょっと長く引き合いを出したのは,人間というのは「現在の自分」を基準に物事を推し量ろうとするために,誤読が生じると言うことを言いたかったのです。それは書き手,語り手にも読み手,聞き手にも共通している事柄です。えてして「できる人」は「自分の十分の一に話をかみ砕けば分かるだろう」と思うのですが,実際には千分の一にかみ砕かないと分からないなんてことはよくある話です。
Posted by もずらいと at 2011年02月01日 20:05
もずらいとさんどうもです。

|「未曾有」を「みぞうゆう」

これは私はクスッでしたね。

|「消耗」を「しょうもう」

読んでる。

|「洗滌」を「せんじょう」

これは「せんでき」かな。

|「大根」を「だいこん」

そう読んでるけど「おおね」なのかな。

|「全然」には必ず「否定表現が続く」

これはそういうことかと思ってましたね。

他人に分かってもらおうと思うのは、「かみ砕く」問題じゃなく、方向と言うか、そもそもが違うのかもしれない・・・

Posted by kingstone at 2011年02月01日 21:16
「消耗」は「しょうこう」が正しい読み方です。「大根」は昔は「おおね」と呼ばれていたのです。それに「大根」の漢字を当てたら誤読されたのです。

>他人に分かってもらおうと思うのは、「かみ砕く」問題じゃなく、方向と言うか、そもそもが違うのかもしれない・・・

 いや,そういうことも含めてです。
Posted by もずらいと at 2011年02月01日 21:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック