私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年01月29日

ある地域TEACCH親の会参加の感想

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 みなさま こんばんは ○○です

 今日の実践発表、みなさんの個性と熱意あふれる演技が見ものでした。とても参考になりました。

 特に、DDさんが発表された「4コマ漫画」というのは、最近、子供の通っている特別支援学級の先生も取り入れていて、子供の読解力をつける学習に利用されているそうです。

 TEACCHへの誤解と偏見についてですが、私も何人かの人から、「あっ、それ、カードやついたてを使うやつ…非人間的なやり方の…!」と言われたことがあり、どう答えていいのかわかりませんでした。

 でも、「自閉症の障害特性に沿った援助方法」なのだ、ということを説明すればよかったのですね。自閉症とはどんな障害か…まず、このことを理解することが、一番大切なことなのだ、と思いました。

 今日の参加者の中に、来年度、同じ特別支援学級に入ってくる新1年生のお母さんが2名おられました。同じ小学校の仲間がまたまた増えました!

 ハルヤンネさん、実践発表のみなさん、その他スタッフのみなさん、今日はほんとうにごくろうさまでした!ゆっくりおやすみください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: