私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年01月28日

ある地域にもTEACCHの風が?1

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 皆さんこんにちは、○○です。

 今日、就学前施設にお散歩のボランティアに行ってきました。

 そこで見たものは、いつものボランティアさんようの部屋が、構造化されているのです。

 びっくりして、興奮して・・・・
 この間から、就学前施設の先生が、ちらちら研究に来られていたり、親の会のほうに参加されたりしていました。
 私は、それをただ単に、あ〜チラシもっていってよかった。とか、先生に「また情報教えてくださいね。」と言われ、「一歩づつやな。」なんて思っていたのです。

 でも、ここのところ、ある地域の大学の付属病院で、TEACCHを取り入れだした。とか、我が家の息子が見ていただいている病院のお医者様が、少しTEACCHのことを勉強され始め、お互い情報交換をしたりしていました。

 それがです。就学前施設の教室の1室が、構造化、もう、お散歩の途中そばにいた先生を捕まえて、「園の子ども対象ですか」と聞くと、療育センターに通われているお子さんのうちの数名と言うことで、広報にも載っていたというのです。まさかその療育内容がTEACCHだったとは・・・・

 で、もう少し突っ込んで、「PEP‐Rの検査とかするんですか?」と尋ねると「はい。」と言うお返事「そういう時代の流れになってきていますから」と、その先生自身は、TEACCHに対して、もうひとつと言った感じでしたが、ある地域にも、そういうところができたのです。就学前施設の先生がたも、自閉症センターなどで、TEACCHの講習を受けたりしていると言うことでした。

 すんません。興奮しているもので、私の文何を言おうとしているか通じました?
−−−−−−−−−−−−−−−
 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

> 療育センターに通われてい
> るお子さんのうちの数名と言うことで、広報にも載っていたというのです。まさか
> その療育内容がTEACCHだったとは・・・・

 ふむ。
 ある地域の自閉症児に対する事業ってやつかな。
 
 私ももう頑張らなくていいかな。(ニコ)
 あとは「変人」ではなく「まっとう」な方たちが広めて深めていって下さるでしょう。

追記
 その「構造化」と言われるものがどのようなものであったのか、というあたりではちょっと疑問というか、どんなもんだったんだろう、と思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: