私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年12月30日

わが息子たちのこと2

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 ○○さん、どーもです。
 kingstoneです。

> 普通は年齢が上がるに連れて
> 多動は治まると思うのですが。

 と聞きますね。
 次男の方もずいぶん落ち着いてきました。

> うちの子供は年少のころは決まった所
> にしか行けず行動範囲は大変狭いもの
> でした。特別支援学校入学後から、少しづつ
> 行ける所が増えてきました。

 見えるものの情報処理がだんだんできるようになってきはったのかな。
 それ以前は情報処理がうまくできなくて怖くてあちこち動けなかったのかも・・・
 で、まただんだんおさまっていくという経過をたどるんじゃないでしょうか・・・

 あっ、私の言うこと、めちゃええかげん、永遠のアマチュアですから信じちゃいけません。私の言うことには何の権威もありません。惑わされたりしないでね。(なら、しゃべるな、ってのは言わないでね)

 うちの長男の方は、ビデオを見ながら「おらの特徴はのんびりしてるとこだ」と言うので「そうだねえ」と口で言いながら心の中で「それは、ぼーーっとしとう言うんじゃあ」と突っ込み入れてました。

 親ばかしちゃうとかなりいい味出してます(ニコ)
 でも、下手すると・・・ってのも結構ありました。

 昨年度は友達を思いっきり新聞紙を丸めた棒で殴って、本人も周囲も何でそうなったのかわからない、ってのがあったり。

 ここんとこ数日「お父さん、一緒に寝ようよお」というのにつきあってました。今日は私の方が眠ってしまわなかったのでまた起き出して書いてます。


posted by kingstone at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック