私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年12月29日

「上手くいかないから視覚的援助をするんじゃなく、まず最初に視覚支援」とかいろいろ

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


※なんか、時間順が少しバラバラになっているのと、私以外のものを編集したのが多くなってきています。これでもあれこれ考えて「この範囲だったら、まっ、いっかあ」と考え、改変しつつやってんですが。もし何か不都合ありましたら、すぐに削除しますんで。


※ハルヤンネさんたちの講演を聞いた方複数のメモ。今と変わらないなあ、とも思うし、今だと違う言い方をされるだろうか?よくわかんないですね。結局同じ事を言ってはるような気がする。


・上手くいかないから視覚的援助をするんじゃなく、まず最初に視覚支援

・(自閉症の人は)ダメと言われた裏側にある肯定的な事を理解出来ない(だから最初から肯定的に伝える)

・子離れ出来にくい障害

・並列に並んでいる脈絡のないものを直列にする事で理解

というくだりが頭に残りました。なんせ128枚の原稿というのを速記しようとする方が間違ってる。^^;

※しゃべくり原稿がA4で128枚あった、ということだと思われます。

 ○○さんの

・人様に迷惑を掛けなければ・・・との思いは傲慢(これはたぶん、周囲の人が「迷惑をかけなければ良い」と考えるのは自閉症の人本人に対して傲慢、という意味かな)

というのも印象的な言葉でした。

 ハルヤンネさんはチャーミングでした!!
 想像していた威圧感はなかった・・・。^^;

※ほうほう、威圧感があると思われてたんだ・・・
 ちなみに「頭ん中で、鳳蘭とゴルゴ13たして2で割ってた」そうです。

−−−−−−−−−−−−−−−

・注意はその本人からに伝えてもらうこと(「△△さんは今これをあなたにしてあげることは出来ません」は「△△さん自身からちゃんに伝えてもらう」から意味あること)

・ネガティブな経験が嫌いなこと(失敗が嫌いというのはわかってたけど)

・自閉症の方の思考回路について・・・これはsyunさん論?

・そして、表出できる方法があることの大切さ・・・。

−−−−−−−−−−−−−−−

・息子を自閉症児として育ててきたことに間違いはなかった。
 息子に表出性コミュニケーションが出始めるようになって他の多くの子どもと”あっ,同じやん”と思えるようになってきたが,この部分(息子を自閉症児として育てること=自閉症の特性を十分に踏まえて支援すること)が無ければ,他の多くの子どもと”同じやん”と思えるところが見えてこなかった思う。

−−−−−−−−−−−−−−−

 ○○さんの

・自閉症の方に選択をしてもらうとき、すぐ答えが出てこないのはじーっとしているように見えて思考してるんだ

※だから、それを支援者が待っている時、外から見てる人には、支援者がさぼっているように見えてしまう、という話も出ました。

−−−−−−−−−−−−−−−

 kingstoneです。

 今日は音楽会、自閉症児託児活動「れもん」の準備とひーひー言ってます。

> 並列に並んでいる脈絡のないものを直列にする事で理解

 詳しく聞きたい。

> ○○さんの、
> 人様に迷惑を掛けなければ・・・との思いは傲慢

 これまた聞きたい。

>・自閉症の方の思考回路について・・・これはsyunさん論?

これも興味あるなあ・・・

−−−−−−−−−−−−−−−

> > 並列に並んでいる脈絡のないものを直列にする事で理解

> >・自閉症の方の思考回路について・・・これはsyunさん論?

※これは同じものであり、それにsyunさんが答えたもの。

同時(的)総合と継次的処理のことですね。(誤字脱字ご勘弁!!!)

注:(的)は、あちこちでついたりつかんかったりするからです。

※わかる人にはすっとわかり、わかんない人にはわかりにくいかも。どうやら私が今「自閉症や高機能自閉症(アスペルガー症候群)の人がコミュニケーションすること」という題で書こうとしようとしている内容とほぼ同じようです。そっか、ここらへんのやりとりで私が学ばせてもらっていたんだ。12月31日づけの未来公開予定で書き始めているのですが、うっちゃらかしたままです。
posted by kingstone at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック