私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年11月13日

syunさんのこと

 今日はsyunさんの丹波篠山での講演です。

11月13日(土曜日) syunさんの講演会丹波篠山14:00〜16:00健康福祉センター

 誰でも参加可、で、たぶん突然行ってもOKでしょう。(入れてやんない、とは言わないはず)

 ハルヤンネさんがこんなの書いてます。

わが師匠・syunさんのこと

 私の師匠は誰なんだろう?

 もう、ものすごくたくさんの人に教えてもらってきてます。小児精神科医さん、教師、保護者、子どもたち、施設職員さん・・・

 で、知的障害特別支援学校でムチャ悩み出して以降、特に相談をこちらからかけたのは二人。

 一人は某小児精神科医さん。(ひょっとして相手に迷惑がかかってはいけないので、特に名を秘す)

 でもう一人がsyunさん。

 syunさんからの回答はハルヤンネさんも書いてある通り、本人目線で一貫していました。

 でね・・・それを学校で実践しようと思うと・・・いやはやまず周囲の教師の理解を得るのがたいへん。で、また場合によっては保護者の理解を得るのがたいへん。(syunさん自身は「その家にはその家の暮らしがあるの」と言って、決して「これだ」と保護者に押し付けることはしませんでした)

 でも、やると本人も周囲も断然楽になるのですが。

 そこらへんが

自閉症のお子さんの保護者が学ぶと良いこと

の中で

「もちろん上記(おめめどう)の情報は教師・支援者にもたいへん有効で、目からうろこがぼろぼろ落ちます。でも「学校文化」や「こっち側の文化」との摩擦に苦しむかもしれません。それはいいことですけど(^-^)」

と書いたあたりになります。

 でも、今思うけど、「それやってるからあかんようになってんねん」やから「これやったほうがええよ」やなあ。

 syunさんについてはブログ内検索かけて頂いたらいろいろ出てきます。



posted by kingstone at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | おめめどう・視覚支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック