私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年09月28日

研究会での保護者の実践発表を短い時間でたくさんの家族にやってもらうこと

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 いやはや○○さん、すごく貸し会議室のこと調べて下さってますね。
 しかし・・・ほんま高いこと。

 ところで、定例の日にする件ですが、なるほど定例の日にして、○○さんご提案の2月1月入れ替えができない場合、1月は「家庭からの報告」なんだけど、数家族の方にやって頂く、という手もありますね。

 昔、教師からの報告について□□さんから「一人質疑も含めて20分限定でたくさんの人が報告するようにするのも面白い」という意見を頂きました。

 確かにそうです。20分という限られた時間だと、テーマを限定して明確簡潔にしゃべらないといけないし、またいろんな複数の事例が出てくるから、そういう点でも面白いしね。

 で、1人の保護者に「研究会」の2時間半をもたせろ、と言われると多くの方にとってはめちゃきついけど、複数だったら「やってもいいかな」と思わない??

 なお私のATACでの持ち時間も20分でした。
posted by kingstone at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック