私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年09月28日

教師は子どものことを書きにくい・・・という話

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。



 ○○さん、どうもです。
 KING STONEです。

 異動に関しての暖かいお言葉、ありがとうございます。

 ところで教師が子どものことを書くことですが・・・

 もちろん、私も他の先生方の話をいっぱいいっぱい読みたいです。

 ただし・・・いつも書いていることですが、ほんま保護者の方に許可を取っておいて下さいね。これは「守秘義務」の問題というより「信頼関係」の問題ですね。

 私も詳しく書いているお子さんの保護者には許可を取っています。また自閉症児託児活動「れもん」に参加しているお子さんでも、初めて(そして少し詳しく)書く場合、電話やれもんの場で許可を取ってます。(ただし一回許可をもらったら、もういいか、でどんどん書いてますけど)

 でもいくら「いいよ」と言って頂いても、知らないところで書くというのは・・・という場合は保護者の方にも参加して頂く、という手もある。

 もちろん苦肉の策として一般論として書く、という手もあるわけですが・・・・

 ただ、この「許可を取る」というのがなかなか敷居が高い場合もあるかもしれません。その場合は仕方ないですね。「書かない」という選択をして頂く方がいいです。

 ってわけで、今後、しばらく私は身の回りの子どものことは書けなくなるなあ、と思ってます。できるだけ早いうちに許可を取れるようにしたいと思っていますが。3か月?半年?1年???

 しかし・・・私、同僚のことなんかは許可を得ずに書いてる・・・ま、いっかあ・・・
posted by kingstone at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック