私の関わりのある法人

スクリーンショット 2015-01-19 0.09.07.png

スクリーンショット 2015-01-19 0.16.04.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年09月27日

「ごちそうさまナプキン」おめめどうの商品

 ごちそうさまナプキン

 2011年5月現在廃盤になっている商品です。

napkinsyoukai.png


10枚105円
30枚284円
50枚420円

 
 私は、何故かイメージとして、すごく大きくてパサパサかさばる物かな、と思っていました。先日ダイレクトセールスin明石魚の棚で実際に手に取らせてもらって誤解であったことがわかりました。ミスタードーナッツのドーナッツを持つためのナプキンより軽い感じかな。考えてみりゃ当たり前か。


 自閉症の人は「うまく残す」ことができなかったりします。それは「給食で無理矢理完食させられた」という場合もありますが、そうでなくても「見てお皿が空にならないと許せない」ということもあります。

 そして「他人の口に食べものを入れる」というのや「いつまでも食事が終われない」その他いろいろな不適切な行動になったりします。

過去の記事238(C君への給食指導・その後)

では「私のためにくれた」という美しき誤解の例を書いてますが。


 で、食事の途中でたまたま別の所へ行きたくなった時(トイレとか)に「たべています」を使ったり残ったものがあっても「ごちそうさま」を伝えられたりするためのナプキンです。

 これは外食の時用かな?

 家や学校の給食だったら、別の物の用意でいけそう。
 安いったってお金はかかるし、もっと恒久的なカードとかが使えたり、周囲の人がわかったりできそう。
 外食だと、ヘルパーさんにしろ、ウェイターさん、ウェイトレスさんにしろ、わかりにくいかもだけど、このナプキンがあれば一発でわかりますよね。


追記
 学校や普段の生活でも便利に使っている人もおられました。

posted by kingstone at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | おめめどう・視覚支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182531382

この記事へのトラックバック
スクリーンショット 2015-01-19 0.09.07.png