私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年09月20日

自閉症の人にとって音声言語は第三外国語である

 自閉症の人にとって音声言語は第三外国語である。

 これはどなたかが言ってたような気がします。

 第二外国語ですら無い、という話ですね。わかりにくいわけです。


 ちなみに私の場合、英語が第一外国語、フランス語が第二外国語。そもそも第三外国語はありません。

 で、できないできないと言いながらも、英語なら単語と身振り手振りで何とかコミュニケーションしようとします。

 でもフランス語はもう全然。覚えているのは

S'il vous plaît (お願いします)

C'est la vie (それが人生さ)

だけ。フランス語で話しかけられたら、何が何やらです。コミュニケーションしようという意欲すら失ってしまう。


 それが自閉症の人は第三外国語で話しかけられているわけです。オウム返しでもしとくしかない、という話になる。

 であるなら、母国語である「見てわかるもの」でやりとりしようよ、となるわけ。

 ひょっとしたら、それについてくる、あるいは関連する音も覚えてくれるかもしれない。


 もちろん、世の中にはバイリンガルの人もいる。多言語を使う人もいる。でもそれは少数だからこそ「すげえ」と思われるので、しかも最近は「バイリンガル、それがどうしたの?仕事に使えなきゃ意味ないじゃん」という見方もされる。

 これは「音声言語を出しているように見えてもコミュニケーションできてなきゃ意味ないじゃん」みたいな感じかな。





posted by kingstone at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック