私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年09月16日

絵や写真入りのスケジュールを簡単に作るソフト3(視覚シンボルで楽々コミュ編)

 絵入りのスケジュールを簡単に作るにはという話をTwitterしていたら、ある方がこうつぶやいて下さいました。

「視覚シンボルで楽々コミュニケーション」付属のCD−ROMに身体検査等の手順書があるので、それを基に、画像を切り取り、PC内の画像の挿入すれば、どうにか形になります。 RT @king1234stone: Droplet Projectは簡単にできる何かがあるんですか? 

「視覚シンボルで楽々コミュニケーション」(あらま「おめめどう」にリンクを貼ろうとしたらSOLD OUTだわ)

視覚シンボルで楽々コミュニケーション―障害者の暮らしに役立つシンボル1000/著者不明

¥1,575
Amazon.co.jp

「で、ドロップレットプロジェクトhttp://droplet.ddo.jp/ から、手順表作成ソフトウエア「ドロップステップが近じか出るのを心待ちにしている私です。」

とのことです。

 こちらのホームページには無料で使えるシンボルもたくさんあります。

 またiPhone用のコミュニケーションソフト、DropTalk(これは1500円)も開発してはります。



この記事へのコメント
1 ■シンボルを確実にするための課題
 DROPのとある方から「もずらいとさんのMOCAを見て『シンボルって何を作ってもいいんだ』と目から鱗でした」と言われました。確かに現時点で「導尿」というシンボルがあるのはMOCAだけでしょう。<br /> 私は知的障害児教育に復帰したので,シンボル利用からは一線を退くつもりです。ただ,問題提起とある程度の実践研究論文は公開しました。<br /> シンボルは「認知発達段階やその人のニーズその他の理解」をふまえないと正しい普及は不可能です。PCSやPICは米国文化をベースにしているのでその批判はちゃんとしました。<br /> もっとも,私はシンボル利用をあまり重視していません。と言うのも,私が基本にしているのは゜ふたけたもシンボル覚えられません」という重度の知的障害児だからです。今でもシンボルなんて4×4の16で十分だと思っています。</p>
Posted by もずらいと at 2010年09月16日 21:55
2 ■Re:シンボルを確実にするための課題
>もずらいとさん<br /><br />|問題提起とある程度の実践研究論文は公開しました。<br /><br />これ、また裏で教えて下さい。(^O^)<br />ネットで読める?<br /><br />|ふたけたもシンボル覚えられません<br /><br />もう、これは人によりいろいろですね。<br /><br /></p>
http://ameblo.jp/kingstone/
Posted by kingstone at 2010年09月16日 22:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック