私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年09月02日

今日の嬉しかったこと2(学部の先生も少しずつ変わって来ているという話)

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 今日は学部研修でした。

 全体会の時に無理を言って「課題学習」について説明させてもらいました。突然思い立ったので、準備不足も甚だしかったですが。(研修には私は関わっていないので情報も入ってこないし・・・でもって書類作りの話に終始しそうなので、無理にやらせてもらった。教師の研修、気をつけないと「書類の書き方」とか「実際に書類を書くのに使いましょう」なんてことになりかねません。まあ、それだけ「役に立つ研修がそれまで無かった」ということだと思います。だからやる気が出ずに「研修なんてしょーもない」という意見を言う方も多い)

 将来の社会参加を見据えて取り組むこと。
 作業所での作業や余暇活動、あるいは日常の買い物などなど・・

 自閉症の特性から考えて学習の具体的支援を考えること。

 実際にどんな課題を使って、巧緻性や色や文字の弁別をできるようにしていったか。

 自立課題学習の大切さ。達成感の大切さ。(しまった!自尊心の大切さ、を伝えるのを忘れていた)

 カゴを使ったりのワークシステムを使う意義。(でも、この部分は伝えるのが難しいよなあ・・・いやもちろんすっごく簡単なはずなんだけど・・・)

 どれだけ伝わったかはわかりませんが。

 でも、先日私が「立ちはだかってものを言った」先生が「以前読ませて頂いた「自閉症のひとたちへの援助システム」をもう一度読ませて下さい」と言って来られました。(ご自分で購入して下さりゃもっと嬉しいけど)

 そーいや、別の「立ちはだかってものを言った」先生もあの後、別のお子さんのコミュニケーションスキル向上の件で相談に来て下さいました。

 また会の後、私と組んで認知課題学習をやっている同僚が、C君のお母さんから話のあった「写真と文字のマッチング」のための教材を作ってはりました。で、ご家族の写真や馬の写真があったら、と言うので「んじゃ作ってきてあげる」と約束しました。(まだまだデジカメを使える人は少なかったので)

 さきほど、C君のお母さんに「呼び方」の確認のため電話を入れました。

 保護者と連携しながら教育活動をしていける、ってなんて楽しいことなんだろう、と思います。
 

posted by kingstone at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック