私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年09月02日

スイッチ・はんだづけなどの講習会

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


※へえ〜こんなことやってたんや、ということで。

 kingstoneです。

 以下は、スイッチなどの自作の講習会です。
 あんまし自閉症の方には関係ないですね。
 でも、教師などで肢体不自由のお子さんに関わる方にはすごくためになる会です。

 私もはんだづけを教えるボランティアで行く予定です。

 会費1万円というのが、かなりのもんですが、それこそその価値は十分あると思います。(マジカルの話、畠山さんの話だけでもとは取れる)
----------------------------------------------
「わくわく もっと きっと」開催のご案内

 スイッチの威力をご存知でしょうか。スイッチは日常、当たり前に使っているものですが、工夫すれば生活がかわります。例えば身体がうーんと不自由になって、自分で動けなくなっても、まばたきすることでパソコンにスイッチが入れば、そこから広がる世界があります。

 そんなスイッチの仕組みを理解し、楽しくスイッチを作っていきたいと考えています。といっても、メカの好きな人たちのマニアックな集まりを開催したいのではありません。メカに弱いという方もいっしょになって、スイッチから広がる世界を楽しんでみたいのです。スイッチひとつで、支えられる生活があり、届けられる気持ちがあります。そんなスイッチの技をいっしょに磨いていきませんか。

浜田きよ子

●プログラム

10:00 開会あいさつ−浜田
10:15 おもちゃ遊びの意義−マジカルトイボックス
10:35 スイッチで広がる世界−畠山
10:55 はんだ付け講習−白光(株)
11:25 休憩
11:35 スイッチ製作講習−マジカルトイボックス
12:30 昼食
13:30 スイッチ製作講習−マジカルトイボックス
15:35 休憩
15:45 ウッドバーニング講習−白光(株)
16:40 閉会あいさつ−伊藤

●講習内容

@はんだ付け講習
スイッチ製作に欠かせない、はんだ付けの基本を習得するための講習です。簡単そうで難しい、難しそうで簡単な、はんだ付けの世界へようこそ。

Aスイッチ製作講習
市販の安価なスイッチを、個人個人の身体の都合に合わせて、使えるスイッチへと改造します。※製作内容:フィルムケーススイッチ、BDアダプタ、引き紐スイッチ、ボイスメモ

Bウッドバーニング講習
日本ではあまり知られていないウッドバーニングアートの世界を少しだけのぞいていただきます。ウッドバーニングとは木の板に焦げ目を付けて絵を描くというものです。初めての方も、絵がニガテな方も、本格的なアートにはまってもらいます。

●参加費用
一人1万円(昼食費、材料費、スタッフ経費を含む)

●日時・場所
○年○月○日(土) 10時〜17時
白光株式会社 本社(大阪市浪速区塩草2−4−5)
交通:JR大阪環状線「芦原橋」駅より北東へ徒歩5分
※お車でお越しの場合は、駐車場を確保しますので、お申込みの際にお知らせください。
posted by kingstone at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック