私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年08月22日

豊川事件の精神鑑定や身近なこと

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 fedhansに書いたものに付け足します。

---------------------------------------------------------
 昨日から(?)テレビで豊川の主婦殺害事件の当時高校3年生の少年の精神鑑定結果が報道されていました。

 「発達障害」という言葉が繰り返し流れていましたが、今朝の朝日新聞では

「鑑定では犯行時の少年は、自閉症に似た発達障害「アスペルガー症候群」とされ、責任能力については「善悪を認識する能力は低下していた」と結論づけた」

となっています。細かい文言については「ちゃうやろ」と言いたいところはいろいろありますが・・

 ・・・・

 文芸春秋の12月号の「「バスジャック少年」両親の手記」というのも読んでみると、自閉症スペクトラムを疑わせる記述がいろいろ出てきます。

 たぶん、報道された時からこの会議室を読む多くの方が「そうであって欲しくない」と思われていたのではないか、と思いますが。

 より周囲の方にいろいろと知って頂き、配慮した対応をして頂かないといけない、というのは確かですよね。
-----------------------------------------------------
現在、卒業生で強烈な問題行動を出しているお子さんがおられます。

 過去にそのお子さんへの対応について中学部の方があれこれ相談して「もっと愛情を持って接しましょう」という結論を出したという話を聞いた時に私は怒って「そうじゃないやろ」というのをみなさんの前で話をし、そしてそれが自主研修会を始めるきっかけになっています。

 現在、私の学校でもまた問題になってきて、もと担任さんは「kingstoneさんから今年いろいろ教えてもらってやっとわかってきた」とおっしゃっています。

 やっとおひとり・・・しかも4月から側であれこれ話をする機会があってのことですね・・・



posted by kingstone at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック