私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年08月10日

下心

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 友人宅に行って、自閉症託児活動「れもん」の話を聞いてもらった時、ひととおりの話を聞いてから友人が、ふーーとためいきをつき「ほんまにボランティアやなあ。俺なんかやったら下心あってやけど・・・」と言いました。

 つまり、彼は自営業で、PTA活動とかで人とつながることが、商売にもつながるから、ってわけです。でもね、それってつまりはコミュニティってことなんじゃないかな。

 で私も「何言うてんねん。俺も下心ありまくりや」と答えました。つまり周囲で行われている指導とか授業とか実践と呼ばれるものが私にはつらくて仕方がなかった。で、それが「研究会」や「れもん」でもし少しでも変えることができたら、私は楽になるのですから。

(あまり変えるところまではいってませんが、少なくとも私が引き下がらないように支えてくれたのは研究会であり「れもん」です)

 私はあんまし高邁な理想とかいったものを信じてはいません。
 私利私欲、個人の実感、そういったものがすごく大切なのだと思っています。


posted by kingstone at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック