私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年08月07日

自閉症のお子さんの託児ボランティアをしてきました

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 KING STONEです。

 やっぱり道には迷いました(笑)
 ってかちゃんと見えてるのに曲がり損ねて行き過ぎて、戻って来ようとしたらまた曲がり損ねて・・・ほんまにもう・・・あの幹線道路いややわあ。

 でも何とか間に合いました。

 お子さんことは詳しくは書けないですけど、魅力的な女の子さんでした。

 3時半終了予定でそれをお子さんに伝えていたら、会が伸びてしまって本人に一応は目で見てわかるようにも伝えたのだけど、本人が会議室に行く、なんてことがあったりしました。まあしゃあないかな、と後ろについていきましたが、本人会議室の様子を見てかお母さんを見つけてか、納得してくれたので良かったです。

 でも、ほんまよそに行って1対1でつかせてもらうと楽しいし、勉強になるわあ。

 あとのミーティングの時に「費用」のことが出てました。
 まあたいへんやと思います。ボランティアに来てもらうことで足は出ませんでしたでしょうか。>○○さん

 私もいつも頭を悩ませています。

 TASみたいに地元の高校生が来て下さる、とかいうルートを開発すると安くあがるでしょうね。ただ私の場合は「意地でも交通費だけは出すぞお」とか思ってますけど。

 □□さん、△△さんも顔を見せて下さりどうもでした。
 終わってからマストドンを見に行きたかったのですが、時間が無くてあきらめました。明日、下の息子が代休なので、もし開館してたら見に行こうかな。



posted by kingstone at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック