私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年08月07日

今日は授業参観

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 KING STONEです。

 今日は授業参観でした。
 私は作業学習でA君とGさんが機織りをするのを見て頂きました。

 A君については、私はほんま、なーーーんも愛想なしでした。
 ライトタイマー導入もあり、ほとんど何もしないでも、彼は一人でやってくれるので、最初に「じゃあ45分でやろうね」というのと最後に「がんばったね」と声をかけたくらいです。

(なんかね、私はやたら声をかけるのが指導とは思えないので)

 前々回くらいからこうなってきました。

 実は手は止まることはあって、私だったら「どないすんねんやろ」と見ていることが多いのですが、今日はお母さんが「トントン」と声をかけてはりました。

Gさんについては、実は「機織り」はちょっとだけにして、自立課題学習の用意を持って行っていて、それをやっています。もちろん以前から保護者にも「こんなふうにしていいですか」というのは言っていましたが、詳しく相談ということはできていませんでした。

 で、今日も見て頂き、その場で今後のこととか相談しました。

 私と保護者ともだいたい意見が一致し、どちらかというと保護者から積極的な意見(またある意味で「機織り」にこだわらなくていいという意見)を出して頂いたので、また学校でみなさんに保護者からの意見として紹介し、合わせて私の「授業改善のために」をまとめてお見せしたいと思います。

 でも、意見が一致して良かった・・・



posted by kingstone at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック