私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年07月04日

今日学校で こそばしっこをしたり教室へさっさと戻ってくれたり

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 今日は学校の活動初日ですね。

 まず最初にみんなで作った掲示を背景に写真を撮りに行きました。
 Bさんにも、カメラを見せたりして説明。

 でBさんはベンチに座って撮影。

 さて教室に帰ることを伝えようかと私の少しバージョンアップした手帳を取り出すとC君がのぞきに来ます。

「おっ、新しいやつやん。どんなかんな」という感じでしょうか。

 人のコミュニケーションブックは気になるようです。渡してあげるとパラパラめくっています。でも自分のとほとんど同じだったからつまんなかったかな。

 で私にそれを返してくれると、やおら自分のを取り出して見せてくれました。いろいろ知らない間に新しいのもついてますね。「ほー」という感じ。でさそうようにして自分はベンチに座り「ギュッして」「こそばして」

 ひととおり遊んでから、「んじゃ教室に行くね。ばいばい」と手をふるとばいばいしてくれました。

 それを見ていた先生が「こんなのいいなあ。やっぱりコミュニケーションブックを使いたくなりますね」とおっしゃって下さいました。

 で、Bさんをうながしたのですが、立ってくれません。そこでゴールドカード(教室へカード)を渡すとすっと立って教室に向かってくれました。

 最近、「もうよくわかってるの。別にカードを見せる必要は無いの」みたいな様子も示すBさんですが、今日はちゃんとやりとりできたなあ、という感じです。

 Y君ともいろいろやりとりできたし、F君はすっごく賢かったし・・・なんか嬉しいです。




posted by kingstone at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック