私の関わりのある法人

スクリーンショット 2015-01-19 0.09.07.png

スクリーンショット 2015-01-19 0.16.04.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年07月03日

2学期が始まっていろいろ聞きに来て下さる先生がいた、という話

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 今日は、みんな元気な顔を見せてくれました。

 放課後・・・どっさり会議に仕事・・・でその合間に、ある先生が私のところに・・・うーむ何か渡さなきゃいけない仕事を忘れていたか、とヒヤッとしました。

 そしたら「チェキ(インスタントカメラ)ありませんか?」

 うーむ、まず私に聞くというのは正しいですね。取り込んでいる犯人は私だ、ということはよくありますから。自分でも自信が無いからまず教室に見に行きました。でも無かった・・・

 そこで「また明朝みんなに聞いてもいいけど、某先生もよく使ってるみたいやけど」と見ると某先生がおられる。で聞いてみると

「あ、ごめん、ごめん。私や。教室で使おうと思って置いてる」

ということで無事発見。最初の先生が必要な物を撮りに行きはりました。

 で、またその先生が話しかけて下さいます。

「○君には、保健室での仕事が終わったあと、指示なしでモップ掃除ができるようにしたいんですけど」
「□君には、自分のやりたいことを私たちに教えてくれるようにしたいんですけど」

 とりあえず、注意点とか、こうしたらいいかもしれない、とかいうことをお伝えしました。

 ところで、ここに出てきたお二人とも、昨年度私と組み、私に対して強い反発を持っていらした方です。視覚支援も使っては頂けなかったし、最後の最後にやっとちょっと「こんなのもあり」と思って頂けたかな(よくわからない)、という方たちです。

 で、お二人とも現在、こういうふうに積極的に使おうとして下さっている・・・ありがたいです。本当に嬉しいです。(断片的やからうまくいくかどうかわからないところもあるのですが・・・でも私だって初めは断片的やったしなあ・・・)

 また別の私と組んでいた先生。(この先生は、反発とかはお持ちになってはいなかったと思いますが)「明日の自主研修会出るよ」と言って下さいました。

 ありがたいです。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182530516

この記事へのトラックバック
スクリーンショット 2015-01-19 0.09.07.png