私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年07月02日

サポートブックとIEP

 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 > でも、ウーンどうでしょうか?
 > 私は、サポートブックは、あくまでもキャンプやレスパイト、余暇活動な
 >ど、特別な場合のボランティアさん用だと思っています。

 > 私は学校の先生には、IEPという形でお願いしたいです。

 その通りです。
 で・・・でも多くのところでそういうふうにできているだろうか・・

 あはは、教師に対して悲観的すぎるかあ・・・
−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 今はIEP(個別支援計画)はどこの学校にもあるものになっていると思います。ただし、それがサポートブックの代わりを果たすようなものになっているだろうか。

 もちろんサポートブックは現在の支援のこと、IEPはちょっと未来のことについて書く、という違いはあるのだけど、IEPにも「具体的にどうやるのか」については必要だよな。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック