私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年06月27日

戦いと癒し(3)分科会の協議の時にした情報提供

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 私が自閉症分科会の協議の時にした情報提供の内容です。

 ○○先生の実践報告については、かなり以前からお聞きしておりました。

 一番最初に報告して頂いた時、最初はお子さんを理解することができずにたいへんやった時のこと、一泊二日のセミナーに参加されてのち、実践しつつ少しずつ理解できていかれたこと、自分自身のこととつい重ね合わせてしまい、涙があふれてくるのを止めることができませんでした。
 
 ○○先生の出られたセミナーは、朝日新聞厚生文化事業団が主催しておられる「自閉症の子どものクラスルーム」というものです。TEACCHプログラムの考え方に基づいた療育について実際に自閉症のお子さんに来て頂いて学びます。また朝日新聞に、夕刊が多いのですが、お知らせが出るかもしれません。今も、大阪で自閉症の人たちのための余暇活動指導者講習会など、自閉症の方に参加して頂いてやってはります。またいろいろな研究会に出ておられますと、情報が入ってくるかもしれません。

 某県でも一泊二日のセミナーは1997年から1999年の3年間、某所で開催されました。

 1997年に私も参加させて頂きました。

 たとえば子どもが「わかっているのに」「やらない」のだとしたら「なまけ」「さぼり」「反抗」だったりということになり、それに対してはまあ「威嚇」などの指導もよく見たりします。

 でも勉強を続けていろいろわかってきました。

 まあ私もうまくいったり、失敗したりですが。

 そしてよく非難もされます。でそういう時って形だけになっているような、子どものことを考えず、こちらに合わせようとしている時なようです。そうなる危険も十分あります。

 実際、私も勉強を続けてきて、実践し、やっと最近「子どもを威嚇して教育しようとしてはいけないのだ」「ちゃんとわかるように伝えあおう」ということを同僚にも言えるようになってきました。やっと今頃言えるようになった、というのが情けない話ですが・・・。また私自身、子どもに対する時、すごく下手くそな情けない教師だと思っています。でもその私でも何とか子どもといい関係を作っていける・・・それがありがたいことだと思っています。

 それでも毎日、毎日困ったことはおき、それを解決していく必要にせまられますが。

 自閉症のお子さんに対されて、困っておられる方、困っておられないのだったら、こんなもの勉強する必要は無いと思います。困っておられる方、一緒に勉強していけたらと思います。いろいろな場所で開催される研究会の資料を持って来ております。

 11月には内山登紀夫先生も来られます。

 また資料が必要な方は私に声をかけて下さい。

戦いと癒し(1)過去の因縁
戦いと癒し(2)分科会にて
戦いと癒し(4)癒し 全体会にて
posted by kingstone at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック