私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年06月08日

ある保護者から、学校の周囲の先生・児童向けのニュースレターが送られて来た

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 ○○さんから郵政メールが届いたので、何かな?と見てみたらいわば「○○通信」とでもいったものでした。手書きなので、みなさんにも見て頂いたら、ってわけにはいきませんが。

 こういうのって大事だろうな、って思います。

「子どもたちのハテナ」っていう欄で子どもから出るであろう、素朴な疑問に答えるところがあります。

Q.なんでしゃべらんの?耳が聞こえないんやろか?

A.耳は聞こえているけど、うまく気持ちが表せないの。
 そのうちしゃべれるといいなあ。

 ほんまですよね。
−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 お子さんの□□君のことを先生や周囲の児童に知ってほしい、ということで作られたものですね。「啓発」ということになるのかもしれません。でももうそんな固い言葉では言えないようなもんかな。

 「子どもたちのハテナ」は登下校の時など、周囲の子ども達から出るいっぱいの疑問に答えたものだそうです。




posted by kingstone at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック