私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年06月08日

ボケること キレること

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 > 今年は、珍しく私も現場で愚痴りまくっています。
 >それは聞いてくれる人ができたから。

 良かったですね(ニコ)

 > 一番伝えたいことが伝わらないって感覚、特に最近多いです。
 >でも、以前は伝えても無駄、黙ってかくれてやっていく覚悟のような気持ちで
 >やっていたのが、今はケンカしてでも伝える、という気持ちに変わっています。

 うふふふ、私もやっぱり暴れるkingstoneを演じないと駄目かな・・

 > kingstoneさんの発想が、知的障害特別支援学校ですら一般的でない?ってことはなんか
 >恐ろしいです。

 あっ、そうすかあ。もうこんなもんだ、と思ってましたから、恐ろしいというより、仕方ない、と思っていました。しかし今年中学部に入って、実は小学部の先生は私に「あそこはあんたはあんた、私は私で話を聞いてくれないよ」ということだったのですが、思った以上に耳を傾けて下さる方は多いです。すごく可能性があると思っています。

 しかし「理解」することと「自分でもする」こととの間にはそれぞれものすごいギャップがありますから、これはゆっくりあせらずいくしかないですね。

 >| 今日、初めて出会うお子さんもありました。かなり難しいとお聞き
 >|していたのですが・・・なーーんやん。割と典型的な自閉症の方やん。
 >|めっちゃやりやすいやん。
 >
 > さすが、KING STONEさん! というところですが、自分もそう思うこと
 >が多いぞ! でも、これって、場合によってはめちゃめちゃ反感買うこと
 >になったりします。前任者に知識や技術がない!ということを明言してい
 >ることと同じですから。最近、私は「うんうん、むずかしいねぇ。なかなか
 >大変だったでしょう。でも、こうしたら、こうなることもあるんやねぇ。
 >不思議やねぇ」とボケることも多いっす。

 あああ、そうかあ・・・そこまで思っていなかった・・・

 ボケずに「いやあ、今日の授業は楽しかった」と言ってしまっていた。
 「むつかしかったけど、楽しかった」くらいに言っておいた方がええねんなあ。そうかあ・・・俺ってストレートばっかりやもんなあ・・・

 >また、矛盾するんですが、
 >「なに苦しめてんねん」とストレートに切れることも。

 これはおいおいやっていこうと思っています。
−−−−−−−−−−−−−−−
 「ボケること キレること」へのつけたしなんですが、

(引用開始)
 しかし「理解」することと「自分でもする」こととの間にはそれぞれものすごいギャップがありますから、これはゆっくりあせらずいくしかないですね。
(引用終了)

 は「耳を傾ける」こと「理解する」こと、そして「自分でもする」こととの間には・・・・

 のつもりで書いています。

 ほんま何段階もあるからなあ・・・・








posted by kingstone at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック