私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年06月06日

ボランティアさんが一人余ってるよ、という話 プロフィール作りのこと

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。



 kingstoneです。

 「れもん」託児活動なんですが、ボランティアさんが一人余っています。保護者の方で「託児」お願い、という方がおられましたら先着1名、お受けしたいと思います。おられます??

 ふーー・・・今日は6人分のプロフィールを電話でお聞きし、書類に書いていきました。それ以前に6人の子どもの家を家庭訪問してプロフィール表を作っています。少しずつ見えてきてるかな・・・

 でもどのお子さんもお話をうかがってたら「担任してみたいなあ」って思いますね。
−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 うひゃああ。
 最初は家庭訪問しいの、電話しいの、でプロフィール表を作っていたんだ!!

 信じられないですね。
 
 たぶんすぐやめたと思います。
 保護者に書いていただくだけになりました。

 プロフィール表は、当時まだ言葉が無かったけど、サポートブックを目指していた、ということですね。

 しかし・・・聞き取りじゃなく保護者に書いてもらうと、コミュニケーション方法のところが「ゆっくり言葉をかけて下さい」だけになるのが悩ましかったです。それと表現コミュニケーションの手だてが無い。まだ代替コミュニケーションはそれほど広まっていませんでした。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック