私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年06月02日

スケジュールなどを用意したら判定が軽くなってしまった話

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


※療育手帳を取る時、自閉症でたくさんの困難を抱えている人、判定を受ける時にスケジュール・リマインダー(心おぼえ)などを用意してスムーズにでき、おかげで本来の困り度より判定が軽くなってしまった、という話から。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 たくさんの書き込みありがとうございます。
 嬉しいです。(ニコ)

 >厚生省に働きかける必要を感じているのは私だけかな?!

 そんなことは無いんじゃないですか。
 支援が必要な方なのに療育手帳すら貰えない、って例もあるのですから。
 しかし、どこでどうしたらいいんだろう??
−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 今はアスペルガー症候群の方も何らかの手帳(?)が出るようですね。手帳じゃなく就職の時の障害者枠に入れる、ということなのかな?


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック