私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年05月31日

ボランティアグループを作るための話し合い

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。



まず決定事項から
(注・研究会でなくあくまでもボランティアグループのです)
--------------------------------------------------------
次回事前話し合い ○月○日(日)午後1時半より
         福祉センター 

  やること  ・会の名前決め
        ・持ち寄った各書類検討
        ・具体的なやり方決定
        ・各日のプログラム決定

  ○月にもう一度集まり、その時はボランティア登録者に集まってもらいやり方など説明し、スタート。

  ○月×日以降にボランティア保険登録。
  (ボランティア情報センターで登録できる。4月から1年間有効)

  4月から始める。

  ボランティアさんには交通費を出す。

  託児希望者は1回1500円。健常な兄弟のいる場合、+500円。
----------------------------------------------------------
 ここからはだらだら文です。

 二人の学生さんと、福祉センターにて話し合って来ました。
 この学生さんたち、もともとボランティアやバイトでガイドヘルパーなどいろいろやってるので話が深まります。

やったことは
・事務用品購入
・ボランティア名簿記入(写真入り)フォーマット(書式)は私が作って行った
・システムをどうするか お金
            申し込み
            1日の動き
・子ども(希望者)の調査票をどうするか
・会の名前つけ
・ボランティアルームの使い方
・プールその他資源の見学

 などです。なんせ何も形の無いところ、しかも需要もどれだけあるかわからないところでのスタートですから、話もなかなかわけがわからん。でも、まあ少しずつ形になって来ているか。

1日のスケジュール(確定ではないが)

 10:00 講義
 11:00 計画書作成(その日、次回分1行?)
    その後各自昼食など
 12:55 再集合
  1:00 お子さんを預かり活動開始
  4:00 お子さんをお返しし、保護者に手短に報告
  報告書作成 休憩
  4:15 ミーティング
  5:00 解散

 講義のところ・・・自由参加でも、という話もあったのですが、私の思いとしては

・自閉症の特性
・構造化された教育
・コミュニケーション
・余暇
・行動管理

の5回は受けて欲しいなあ、というのがあってお願いしちゃいました。
問題は今のところ講義する人が私??(笑)
で、その5回が終わったら後は11時集合でいいと・・・

 報告書はこちらの記録にだけするものにするか、保護者に簡単なものでも渡すか、議論になってます。

 おもちゃなど、ちょっとした物は持って来て頂くものがあってもいいし、またレゴなど買えたら、と話しています。現在私から3万円をグループに貸し付け、それで事務用品などを購入しています。

 ブルーシートやセノックマット(ウレタンマット)も欲しいなあ、という話がありましたが、セノックマットは学校で借りれるかな・・・

 また託児をされる保護者の方へ渡せるように、自己PRの文も作りたいという意見が出ました。A4 1枚に写真と短いメッセージで、4〜5人入るように。なるほど。デジカメで写真とってメッセージを貰ったらすぐに出来ますね。




posted by kingstone at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック