私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年05月27日

「視覚支援を何のために使うのか」のつけたし

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 「自主研修会 視覚支援を何のために使うのか」のつけたしです。

 昨年の私の学年では、

1.「本人にわかりやすくする」

2.「本人が少しでも自立的に動けるようにする」

3.「本人の自発的な表現を少しでも増やす」
  (こちらに本人の考えていることがわかる)

を考えて様々な取り組みをしたわけです。で自主研修会でビデオを
見て頂いた方も「すごくいろいろなことをやっていたんだあ」という
感想を述べてはりました。

 しかしその時、学年以外の人から見ていてどう見えただろうか、と
いう話になりました。たぶん、1.2.3.の意図は外部からは全然
見えず、「嫌なことを納得させずにカードを見せることで無理矢理動かして
いる」というふうに見えていたのでは・・・と思います。

 「なぜまずカードが出て来るの。人間と人間の関係なのに」という
疑問に代表されるわだかまりがみなさんの心の中に芽生えていたと
思います。

 でも、まあ、

「なぜカードなどを使ってきたか、という根本的な所とかカードを使うこと
 でかえって人間関係が良くなるのだ、というあたりは外部の人にわかって
 もらうのは無理ですよ、少人数で少しずつやっていくしかないんじゃない
 でしょうか」

というのは昨年の新人Bさんの言葉です。

 つけたし

 「人間関係の重要性」を主張される方も、でも「人間関係を作ったら嫌な
こともやらせられるんだよ」という主張では無いと思いますし、嫌なことが
あるなら、好きなことになってもらえるようなこちらの努力や、どうしても
嫌なら避けてもいいんだよ、ということができるようにしないとなあ、とは
思います。

(嫌なことをやった時にはその嫌だけど頑張った気持ちを受けとめ、
 頑張ったね、ということを返してあげよう、というのは賛成します。
 でも、だから嫌なことやわからないことをそのままさせ続ける、
 ということに私は反対なわけですね)



posted by kingstone at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック