私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年05月21日

私自身への診断2

 昔の話ですが。

 1軒目のクリニックにこりゃ行けないわ、と思って次に行ったのが昔から
名医と言われたDr.のやってはるちょっと遠くにあるクリニック。名医という
か・・・

 大昔には「精神科医はちょっとのいいお医者さんとたくさんのよくない
お医者さんがいるんだ」と聞いていて、その「いいお医者さん」と噂され
ていた方です。知り合いが大昔にうつになった時に、私がそのクリニック
を勧めたら一発で良くなったこともあります。

 クリニックに行ったらお客さん(患者さん)が満員でした。随分待たされ
てからまずケースワーカーさんの聞き取り。30分くらいかな。

 で、しばらくしてからやっと診察。

 知らなかったのですが、そのクリニックは複数のお医者さんでまわしてい
て、病床は無いけどまるで病院のようなシステムになっていました。で、私
は噂の名医じゃない方との診察。

 ワーカーさんに言ったことをもう一度繰り返した感じ。正直きつかったで
す。

 でお医者様の言ったのが

「私は環境を変えることはできません。薬は出せます。以前のクリニックで
 でたパキシルをお守りでなく、毎日飲んで下さい。」

 そうなのか、と思ってパキシルを飲み始めました。

 まあ「環境を変えることはできません」は、その通りかな、と思ったので
す。現実原則ってやつか。自閉症の人への対応なら「まず環境を整えましょ
う」と私なら言うところですが。

 でも休みは欲しかったな。
 お医者様の判断として「休む必要は無い」ということだったのかな。

 あと睡眠導入剤(?)は1回目からあったのか無かったのか、記憶はあい
まいです。

 パキシルを飲み始めても睡眠はうまくいかなかったのは覚えています。

 効果的にはしばらくして「あれ?頭の緊張が幾分かましになってるかな」
とは思いました。これってプラセボ効果なのだろうか?でもまあうつの症状
にはあまり改善は見られなかったかな。

 診断名については特にはおっしゃらなかったし、聞きもしませんでした。








posted by kingstone at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック