私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年05月09日

保護者の会ができた

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 今日、私が担当してきたお子さんの保護者が中心になって
自分の子どもにどんな支援をしたらいいのだろうか、という
集まりをして下さいました。

 最近、TEACCHやAACについて学びはじめた保護者だけだと
ちょっと心許ない点もあるかなあ、とおっしゃるので、
Oさんにお願いして少しだけ参加して頂くことができました。

 そこに参加した保護者がお子さんをお迎えに来た時に、
感想を聞いてみました。そしたらその方、

「O先生にいちばん疑問に思っていたことを的確に答えて
 頂いてすごく元気が出てきた」とおっしゃってました。

 Oさん、ありがとうございます。
 本当に良かったな、と思います。

 なお、今日、その会に持っていくいろんな参考の物や本を
保護者が学校に取りに来て下さいました。で、通りかかった
先生方や周囲の先生方に「いやーー親御さんたちがこんな
勉強会を始めて下さってますねん」と言いまくっておきました。

 私がやっていることを評してある方が「ゲリラやね」と
言って下さいました。私はゲリラをやっているつもりはなく、
情報を公開しつつ正面から突破している、っていう気分です。
−−−−−−−−−−−−−−−
 ○○さん、こんにちは。

 >やりたいけど出来ない人の皮肉じゃないの??? (^o^)

 おっと、ちゃう、ちゃう。

 こうおっしゃった方は私より数倍すごいことをやってはる方です。

 うーんと・・・つまりね、もっと「権威ある人」を講師として
話をしに来てもらったりとか、なんつーか上からの改革っていう
ようなことを考えてもいいんじゃないか、というご意見だった
のです。

 私もそうはしたい・・・しかしそういうところに私はあんまり
影響力を持てなくてね。

 ただ「権威の利用」作戦は、あの手この手で考えています。
 昨年の全情研でも、ある程度使わせて頂いたし。

 ただ、ほんと、なーーんも見通しなんか無かったのですが、

「れもん」始める→保護者が研究科に参加→保護者の勉強会

と、とりあえずはいろんなことが実現してきているので、
ありがたいです。


posted by kingstone at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック