私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年05月09日

この授業面白くないを表現してもらい違うことをする(その他気持ちを表現する)

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 保護者に書き込みの許可を取ったら「本名でも何でも出して」と
言われてしまいましたが(笑)

 Y君は音声を少し出しますが、単音であることが多いお子さんです。

 「偏食指導(?)の話題と「半分にして下さい」」で書いた「半分に
して下さい」が使えるようになった生徒です。

 で、保護者と相談してカードコミュニケーションの練習などもして
いい、ということで、やってきました。彼の感情がわかったら、と思い
「にこにこマーク」「別に、マーク」「しかめっつらマーク」を作って
みました。

 円の中に点二つで目、そして口が下向き円弧、水平線、上向き円弧で
それぞれの表情を表すわけです。で

「にこにこマーク」
        うれしい・おいしい・楽しい・おもしろい等
「別にマーク」
        べーつに
「しかめっつらマーク」
        いやだ・おこってる・かなしい・おもしろくない・まずい等

に対応するわけですね。

 ところがY君、何でも「にこにこマーク」うーーん・・・でもこれって
子どもたちはこっちが何するといつも「楽しかったよ」とか言ってくれる
のと同じかな、と思いました。担任さんと「よっぽど嫌なこととか、
大嫌いな物とか見つけて教えてあげないといけないねえ」とか相談して
ました。

 しかしそのうちにいろいろあります。例えば先日、私が乱暴にデュプロ
(レゴの大きいの)の容器のふたを閉めると大きな音が出てしまい
「アーン!!」と怒りました。で、私は「ごめん、ごめん。今の気持ちは
「しかめっ面マーク」やねんね」と指さして見せると「うん」とうなづき
ながら指さします。

 だんだんと「これ嫌なんじゃないかな」と思う時に「しかめっ面マーク」
を指さすこともでてきました。

 ある時、何人かの女性の先生を前にして「Y君の恋人は誰?」と尋ねると
若い裏づけ(病欠代替)の先生を指さしました。やっぱり若い人がいいの
ね(笑)

 ところが、この先生とお別れの日が来ました。お別れの会をやっている
時にY君に「今の気持ちは?」と尋ねると「しかめっ面」を指さしました。

 さて、昨日です。外で大シャボン玉の授業をしました。もともと彼は
シャボン玉は嫌いだ、と教えてくれました。そっかあ・・で、その後
中に入ってシャボン玉を作るためのアイテム作りの授業をしました。

 彼は机にうつぶせになってました。そしてやおら体を起こしたと思うと
担任をとんとんと叩いて(これもいろんな機会に教えてきました)注意を
むけさせ手帳を示して「しかめっ面」

 おもしろくないよお。と言ってるわけね。で担任さんが「にこにこ
マーク」を指さして「面白いことしたいの」と聞いたのかな?彼から
「にこにこマーク」を指さして要求したのかな??実は私はその場に
居なかったので、そこらへんはよくわかりません。

 で、結局やりとりして「鉄道ジャーナル」を読む、ということに
落ち着いたようです。

 彼から自分の気持ちを伝え、要求したことがとても嬉しいです。

 そしてそれにちゃんと対応してくれはった担任さんに感謝です。

 保護者に連絡帳で伝えるとものすごく喜んでくれはりました。
−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 Y君は
パンツをはいたままおしっこをする
の生徒でもあります。

 診断名はたぶん身体障害に関するもの。音声言語は「ウーッ」「ウ」
「クー」など。目もしっかり合うし(って目のしっかり合う自閉症の
人だってたくさんいるけど)、特にコミュニケーションが難しいわけで
もないし、全然自閉症だなんて考えてもみませんでした。

 まあ、通常学級や特別支援学級では何か困る感じがあったから特別支援学校
に来られたのは間違いないですが。

 私は自閉症だなんだかんだ関係なくY君が楽しく学校生活が送れるように、
あれこれ考えていただけです。

 でも後で、いろいろ傍証があって「あれえ彼は自閉症やな。そこから考えた
方がいろいろ対応できるな」と思って、結構決意を込めて、って感じでお母さん
に「彼は自閉症とちゃいますか?」と言ってみました。お母さんは爆笑してはり
ました。「んなわけないやろ」ということですね。

 まあ、あれこれ対応できるなら、自閉症かどうかはどうでもいいのは間違いな
いですね。








posted by kingstone at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック