私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年05月09日

担任の引き継ぎ

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 ○○さん、こんにちは。
 なんかこのツリーへのレスは亀になってしまって申し訳ありません。
 
 >たとえば、お医者さんはカルテがあって
 >たとえ転勤とかになっても次に受け持つDrがそのカルテを引き継いで
 >申し送りをしますよね。だから,急に治療方針が変わってしまうということは
 >ないのだと思います

 ただし、転院の場合はどうかな、ってとこもありますね。

 どこの学校にもきっと「カルテ」と同じようなものはあるのじゃ、
と思うのです。特別支援学校ならまず確実にあります。特別支援学級なら・・
どうかなあ。

 ただし、あったとしてもそれが有効なものか、保護者に情報公開されて
いるかは別問題です。

 >担任が変わってしまったために子供のできていたことができなくなったり
 >家庭との連携がうまく行かなくなったという話をよくききますし、
 >TEACCHをしたくないから、賛同できないからしないというのでは、
 >肝心な子供の療育のなかの、長い年月のなかの大切な1年として
 >見てもらえていないように思います
 >たとえ、ある先生が1年かけてTEACCHを取り入れてくださったとしても
 >親としてはその1年が惜しくてたまらないと思うのですが。

 TEACCHか否かに関係なく、保護者の願いに耳を傾けるのか、
そうじゃないのか・・・そこんとこですね。しかし例え保護者の願いで
あっても、納得できないことには反論して合意できる線を探りたい
とは思いますが。(例えば「どついてわからせて下さい」と言われたら
私は「ようしません」と答えたいです)

 まあどっちにしても私は「先生にお任せします」では今後の教育は
無理だと思っています。保護者の方も「視覚的・具体的・肯定的」に
教師に「こうして下さい」というのを伝えられる必要はあると思います。

 それでもしてくれなかったら・・・管理職・教育委員会にがんがん
言って代えてもらうのがいいかな。

 私、無茶苦茶なことを言ってる??

 でもほんと、保護者が教師を選べるようになれば、ずいぶんいろんな
ことが改善されるだろうな、と思います。
−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 何度も書いてますが、私は公式に有効な情報の引き継ぎをしてもらった
ことがありません。「通知票」「指導要録」から読み取ろうと努力はしま
したが。

 私から引き継いでもらう時は公式の場がもてるように努力しました。

 また引き継ぐ、引き継いでもらう双方で、非公式の場はもちました。



posted by kingstone at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック