私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年05月07日

そこが構造化(見てわかるようにすること)の奥深さ・・(個別化)

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 ツリーのみなさん、こんにちは。

 構造化(見てわかるようにすること)・・・本で読んだ、あるいは
講演で見た、あるいは他の所で見た構造化例をそのまま持ってきてす
ぐにうまくいく方もいるかもしれないけど、まずはそんなことない、
と思っていた方がいいんではないかな、と思います。

 じゃあ、やっちゃいけないのか、って言うとうーーん、いきなり
全面的なのはやめといた方がいいかなあ・・・

 いろんなことをやりながら「あっ、この子はこんなことは得意なんだ」
「こんなことはわかるんだ」「この子にはこんな構造化があってるんだ」
というのをわかりつつ、(つまりアセスメントですね)再構造化していく、
ってのが大事だろうな。

 つまりそのお子さん、その人に合った、個別化された構造化ですね。

 そらいきなりガラっと部屋の状態が変わっていたらびっくりする
わなあ・・・私なんかでも。

 「君が教えてくれたこと」でも繭子に部屋を整理整頓されちゃって、
狭山先生が「まいったなあ」というシーンがありました。

私の大失敗


posted by kingstone at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック