私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年04月24日

意思を表明し、受けとめてもらえる環境

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


○○さん、こんにちは。
 kingstoneです。

 >コミュニケーションすることの意味や便利さを知ってもらうた
 >めには、カードが最もわかりやすい手段だと思います。

 これはどうでしょうか?
 そうとも言えない方もたくさんおられるように思います。

 >しかし、何でもかんでもカードを使えば良いというものではなく、カードで提示
 >されたことであったら、嫌でも従わなければならないということがあれば、カー
 >ドその物が嫌悪的な物になって、全然身についていかないと思うのです。そうい
 >う点から、私は何でもかんでもカードを使えばいいということに疑問を持ってい
 >ます。

 これは当然じゃないでしょうか。私は「疑問」ではなく、そういう使い方は
はっきり間違いだ、と思います。

 嫌だという意思がはっきり表明できる。そしてその後、自分のやりたい
ようにやれるのか、あるいは交渉していろいろやりとりできる(もちろん
我慢してやってみる、というのも含めて)そういう方法が確保されて
いない環境は、カードを使おうと、他のどんな方法を使おうと間違いだと
思います。

 >先日も、カードを放り投げられてしまいました。もちろん、拒否できたリ
 >他のカードを選択できるような環境があれば、有効だとは思います。

その通りですね。
 こちらの意図に従って下さらない時、実は本人さんでなく、環境のあり方
が間違っているのではないか、と考えてみることは大事だと思います。

 >カードを使って指導する側が、誰のために、何のために使用するかが成功するか
 >どうかの決め手になりますね。

 その通りだと思います。


posted by kingstone at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック