私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年04月23日

普通の教師でもできる実践

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 私「情けない教師でもできる実践」と言ってきましたが、

「それって良くないんじゃなーい。普通の教師でもできる実践の方が
 いいよお」

というご意見も頂き、そうやなあ、と思いだしています。
まあ「情けない教師」というのは例えば「給食を食べさせられない」
「子どもを走らせることができない」とかいうのに対してのアンチの
意味があったのですが、ま、ぼちぼち「普通」って言ってもいっかあ
と。

 でも「普通」ってのがまたよーわからんですけどね(笑)

 ところで、ほんまのとこ、視覚支援の有効性を痛感してますけど、
やっぱり私もいろいろやってきて、結構どういう状況でどう出して
いくか、指導をどうつなげていくか、ってあたりでかなり細かい
ノウハウが身についてきているわけです。

 で、これは失敗するかもしれんけど、その場合は次の手をどう
しよう、とか。

 で、それ抜きでいきなり写真を出したりしても、失敗することも
多いよなあ、決して「誰でも」「これ(写真?)さえあれば」うまく
いく、というわけのもんでもない・・・。

posted by kingstone at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック