私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年04月23日

自作と購入 スペシャリストとジェネラリスト

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


○○さん、こんにちは。

 >で、今回の朝日のテキストを見た後、「もう少しお金を使った教材を買いま
 >しょう」「ひとりひとりにあった教材に予算をとりましょ」を強調しすべきだ
 >と感じたわけです。

 これは、私の周囲の学校現場を見ていて、つくづく感じます。って自作は
全然悪くないですけど、もうちょっときちんとお金をかけて、市販されてる
ものは買っていく方がいいよな、とは思いますね。

 >これについては、確かの前回の発言で対象を絞ったのは間違いでしたね。ゴメ
 >ンナサイ。議論の幅を大いに狭めてしまいました。

 あっ、対象を広げない方が嬉しいっす(笑)
 私も批判され慣れてるけど、そりゃ批判されるよりはされない方が
いいもんなあ・・・(って一番応えるのは無視だけど)

 >に、スペシャリストがそれぞれの専門性からアドバイス・指導してきたことが問
 >題を大きくしていたため、包括的に自閉症を理解できるジェネラリスト・モデル
 >ができたのだと思います。でも、これって、従来の専門性と異なる新し「自閉症
 >・スペシャリスト」ではないのでしょうか?

 これも、そうだな、と思います。

 で、スペシャリストもジェネラリストもこの場合は「専門家」という
言葉があてはまるよなあ、と以前より思っていました。

posted by kingstone at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック