私の関わりのある法人

スクリーンショット 2015-01-19 0.09.07.png

スクリーンショット 2015-01-19 0.16.04.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年04月11日

過去の記事230(共通理解のための書式)

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校小学部3年目の3学期の話です。
−−−−−−−−−−−−−−−
 2月23日


共通理解のための書式


 ○○さんの昔の「中間管理職講座」(旧自閉症会議室の#3118)に書いて
ある共通理解のための書式を作りました。で、実際の相談にも使おうと思って
います。以下のようなものです。
---------------------------------------------------
共通理解のための書式

テーマ:

             日時     年  月  日 時刻     〜
             場 所:
             参加者:

1.問題点の確認



2.話し合い




3.決定事項
【ゴール】



【開始日】
【次 回】
----------------------------------------------
しかし実際に使ってみようと思って、あれ?「決定事項」でいきなり
「ゴール」となっています。

 「問題点」を確認し、「話し合い」をするわけですね。ここで仮説を
立てて対応方法を考えることになると思うのですが、その対応方法が
まず「決定事項」のところに出てきて、その結果として目指す「ゴール」
がある、というふうにも思うのですが、どんなもんなんだろう?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182529414

この記事へのトラックバック
スクリーンショット 2015-01-19 0.09.07.png