私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年04月11日

過去の記事227(特別支援学級の先生 通常学級の先生)

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校小学部3年目の3学期の話です。
−−−−−−−−−−−−−−−
 2月18日


特別支援学級の先生 通常学級の先生


 ○○さん、こんにちは。

 特別支援学級の先生も参加されてます。
 でも、回数はそんなに多くないかな。

 特別支援学校の教師の方が圧倒的に多いです。
 でも、小学校の特別支援学級の先生や、通常学級で自閉症のお子さんを抱えて
おられる方が困っておられないかと言うと・・・
 私にはそうは思えないのですが。

 >なかなか、親から、呼びかけにくいんですよ〜。(先生によるかな?)

 先日、我が家庭でそういう話をしていたら、私の母親(67歳)は
「先生に言えるもんじゃない。懇談会の席では何もしゃべらず、学校の
門を出てからいろいろしゃべるんだから」とか言ってました。

 まあ昔はそうだったでしょうね。
 でも、ほんと「味方」として「大事なパートナーとして」の姿勢を
持っていたら、いくらでも情報提供して行っていいような気がする
のですが。

posted by kingstone at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の記事(1998年度後半) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック