私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年04月11日

過去の記事218(通常校からの交流  課題学習)

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校小学部3年目の3学期の話です。
−−−−−−−−−−−−−−−
 2月5日


通常校からの交流  課題学習


 今日はとんでもない日でした。
 徒歩訓練の予定で先生はみんな近くの駅に集合し、スクールバスも
1台はやって来たのですが、昨日の雪で他のバスが大幅に遅れてしまい、
急遽中止となり、学校で過ごすことになりました。

 学校に戻っても、一部の子供しかいません。体調がもうひとつの子も
いるし、今日は外に出ないで課題学習をすることにしました。

 本当は徒歩訓練に通常校から参加する予定だったZさんも、急遽、私の
学年に参加することになりました。(なお、私は学年の子供たちのことを
書く許可を保護者の方から頂いています。Zさんについても今日、許可を
頂きました)

 遅れた子供たちが登校して来て、みんなが朝の会をやっている間に私は
みんなの課題の準備をしました。
 Zさんはずいぶん前に一度交流に来られただけで、どんな課題を用意したら
いいのかわからなかったのですが、前回のことを思いだしながら、

「色の点に同色のシールを貼る」
「せんたくばさみで、台紙の同色の線のところをはさむ」

洗濯ばさみ留め.jpg


という課題を用意しました。(あり・・・実は以前、Zさんは「色は
わからないようだ」という担任からの報告を受けていたのに、色の課
題ばかり入れてる(笑))

 準備ができてZさんに机カードを示しました。これは1月以上前に
一度だけやったことです。しかし、Zさん、見事に覚えていてくれました。
すっと立ち上がるとカードを持って課題学習の部屋に向かって行きます。
なんだかびっくりしました。

 カードはちゃんとポケットに入れてくれたかな?覚えていない。指示
したかもしれません。

 ワークシステムは作業を呈示するカードは前回は上から下へ、にしたの
ですが、少しむつかしかったようなので、今回はめくり方式にしてみました。
でもカードをつけてるL字金具が悪いのか、ちょっとめくりにくそうでした。

 色の点にシールを貼るのは前回、色をてんでばらばらにしてたら、少し
混乱してたので、同じ色の点を2列ずつ並べてわかりやすくしました。

 カゴを取らせると、前回も同じようなことをやったのを思いだしたのか、
シールをまず手にとります。で私が少し介助して紙を取らせると自分で
シールをはがして、違う色にはろうとします。そこで私は後ろから軽く腕
を取って同じ色の点の上に貼らせました。

 すると後は、どんどん自分でやっていきます。ちょっと点からずれる
時があったのでそれは直させました。で・・色が変わるところできちんと
色を変えてくれました(指示、介助無し)

 洗濯ばさみの方は、最初、洗濯ばさみをどう握ったらいいかわかりません
でした。で、一緒に持ってやっているうちにだんだん自分ひとりでできる
ようになってきました。

 二つ課題が終わると休憩。休憩は「お絵かきせんせい」や「雑誌」を楽
しんで見てたりしました。ほとんど完成させた状態から、ほんの少しだけ
ピースをぬいたパズルも置いておいたのですが、確か自分からやり始めて、
できちゃいました。(パズルは好き、という情報は入っていました)

 後で、急遽、課題にパズルも入れてやってみたりしました。

 お母さんが見ておられて「こんなに集中して、混乱せずにやる
なんてびっくりです」とおっしゃってました。

 Zさん、前回来た時は給食がカレーでした。で、お母さんに
「カレー行く?」とすごく楽しみそうに言っていたそうです。

 お母さんは「カレーが気に入った」と思っておられるようですが、
ひょっとしたら「(カレーも含めて)落ちついて居ることのできる
(やることがわかる)ここが気に入った」ということではないかなあ、
と思ったりしています。
−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 もちろんZさん一人に対応していたのではなく、他の児童にも同時に
対応しながらやってました。

 Zさんは特別支援学級で混乱がひどくなり転校を考えておられました。

posted by kingstone at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の記事(1998年度後半) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック