私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年04月11日

過去の記事209(ゴーアウェイ その場を去る)

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校小学部3年目の3学期の話です。
−−−−−−−−−−−−−−−
 1月30日


ゴーアウェイ その場を去る


 今日は体育館に集まっての集団の遊び。
 E君は嫌がって顔をかきむしろうとします。
 そこで「教室へ」カードを私に見せるようにさせました。
 (これがE君にわかっているかどうか・・・かきむしるのに必死だから)

 で、教室に向かい出すと、少しは体育館が気になりながらも、落ち着き
ます。教室では静かに本を読みました。しばらくしてまた体育館へ。

 で、体育館でやはりしばらくして顔をかきむしろうとします。
 少しだけ留めていたら、担当の先生が「では終わります。挨拶の○君」
と言うと「オーッ」と言って手をたたく「終わり」のサインを出して
落ちつきます。

 やっぱり見通しが持てないことに大きな原因がありそう。
 つまり授業そのものに見通しが持てたら我慢できるんだろうな。

 で、見通しが立たない場合もあるから、そういう時はゴーアウェイ
(その場を去る)させてもいいのじゃないかな、と思いました。
−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 この対応は保護者からお叱りを受けました。みんなと一緒に授業を受ける
ことができないなんて、なんてことだ!というわけです。

 そう言われるのももっともだと思います。

 もちろん「授業の中味」の問題もあります。
 そしてゴーアウェイすることもいいんだ、なんて考え方は今まで保護者が
会って来た医師・専門家・教師、誰も言わなかったでしょうから。

 私にも当時説明できるだけの言葉はありませんでした。


posted by kingstone at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の記事(1998年度後半) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック