私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年04月11日

過去の記事206(ゴーアウェイ 新人Aさんからの提案)

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校小学部3年目の3学期の話です。
−−−−−−−−−−−−−−−
 1月27日


ゴーアウェイ 新人Aさんからの提案


 先日のもちつきの時の話です。

 E君はもちつきの時、ちょっと嫌がっていました。
 しかし、はげまし、もちをつかせると上手につき、すごくいい顔をして
ベンチに戻ってきました。

 さてまるめる時です。
 何と我々のついたもちを違う学年が「足りないから」とまるめてしまい
ました。で、我々はやることが無くなり、待ち時間がかなりできてしまい
ました。するとE君はすごく嫌がりはじめました。

 私、それでもだましだまし居させようと思っていろいろやっていた
のですが、新人Aさんが「ゴーアウェイ(ここから去る)させましょうよ」

 めっちゃ嬉しかったです。

 で、とりあえずE君が「ゴールドカード(教室へ行くカード)」を私に見
させるように、新人Aさんにお願いし、E君が私にそれを示し、その後、私と
E君で教室まで行きました。で、教室で落ちついて、もちをまるめるところ
までやってきてから、「さあ行こう」と誘って下りていきました。

 すぐにもちを2つほどまるめ、また嫌がりだしたので、ゴーアウェイ
させました。

 でも、まだまだ使い方はわかっていないとは思いますが・・・
−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 新人Aさんから私への提案であり、逆ではありません。

 私には「学校文化」「暗黙のルール」といったものを子どもに要求しが
ちな傾向があったことがわかります。新人Aさんの方がTEACCH的な
「個別に合わす」の考え方を(少なくともこの時は)していたことが、わ
かります。

 我々は、チームとして機能していたな、と思います。


posted by kingstone at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の記事(1998年度後半) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック