私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年04月11日

過去の記事205(てつだってください C君の意思表出)

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校小学部3年目の3学期の話です。
−−−−−−−−−−−−−−−
 1月26日


てつだってください C君の意思表出


 今日はもちつき会でした。

 C君はよくたとえば「こそばして」カードの後に「てつだって」カードを
示したりすることがあります。状況から何かよくわからず、ひょっとすると
わけがわからず使っているのか、と思っていました。(で、もちろんその時
はそうだったかもしれません)

 もちつきの時にC君が「てつだってください」カードを示します。

 ???でも状況がわからない・・・こちらは困るだけで何もしませんでした。
 彼をベンチに座らせてもちつきの順番を待ちました。すると・・C君は一生懸命
くつひもを結ぼうとしています。でもうまくむすべません。

 「あらまあ。じゃあ先生したげるわ」

 ・・・・・あれ??
「あっ!C君、わかって「てつだって」カードを使ってる!!」

 ちなみにくつひもを「てつだって」カードでむすんでもらう、という状況は
1月14日に2回、練習しただけで、後は全然やってませんでした。

 めっちゃ感動しました。
 昨日の「トイレ」カード同様、使い方が理解できたのですね。

 今日、午後の自立課題の後のお楽しみプリントの時、肩を彼の方に向けた
まま、指トントンのプロンプトはせずに待っていたら、(肩は彼に見せて
「さあトントンしてよ」という具合には見せてる)ちょっと手を振り回したり
した(どうしたらいいかわからず身をもむような感じね)後、肩トントンして
くれました。

 で「プリントしたい」カードを見せて、プリントをするわけですが、今日、
即興で「できた」カードを作ると、すぐに使い方を覚えました。プリントが
できたら、それを私に見せて「できたよ」と伝えて○つけを要求するわけで
す。

 またプリントが自分のやりたいものでない時にまた「プリントしたい」カ
ードを見せるので「やめて」カードを使うことを教えました。これもわかっ
たような・・・

 なんかすごいです。
−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 「自分でやりたいものでない時」って、どうやって私にわかったのだろう?
表情かな?

posted by kingstone at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の記事(1998年度後半) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック