私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年04月09日

過去の記事170(クリスマスプレゼント C君の意思表出 A君のそうじ)

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校小学部3年目の2学期の話です。
−−−−−−−−−−−−−−−
 12月22日


クリスマスプレゼント C君の意思表出


 今日、職員朝集が長引きました。朝集が終わる前にバスが先に着
いてしまいました。

 新人Bさんはバス係なので玄関へ。朝集が終わってから私も玄関に
かけつけました。

 すると新人Bさんが「C君がバスをおりて待っている間にカードで
トイレを教えてくれたんです。それもJ先生に」えーーっと思いました。
トイレのカードは持たせていましたし、トイレにもカードと同じ絵を
貼ったりはしていましたが、まだきちんとした指導はしていませんで
したから。

 朝の掃除をしていると、A君がつかつかとやってきて「むすんで下さい」
と言います。くつひもがとけてました。でむすんであげるとそのまま掃除
をしないで出ていこうとします。思わず「どうしたの?」と尋ねると「カ
ード下さい」と言います。見ると腰にカードのたばを付け忘れてます。

 「あらま、じゃあ取って来てあげるから掃除をしてなさい」と言うと
掃除をしはじめました。

 最近A君もやっと掃除の時のワークシステムがわかり始めたようです。
 タスクアナリシスした行動を(イスをつくえの上に上げる。モップで
ふく。等です)文を書いたカードで示し、それをカード受けのポケット
に入れていきながら掃除をすすめるシステムを使えるようになってきま
した。
(昔はいちいち音声言語と指さしでやらせていました。視覚支援は無し。
 次に試みた画用紙に上から下へ文を書いたワークシステムは撃沈でした)

 それまでは「さぼり」「なまけ」という評価もよくされていました。でも、
ワークシステムが効果を出してくると「もちろん掃除が好きではないかも
しれない。しかしやらないのはわからないからだ」という感じがよく理解
できます。

 なんだかねえ・・・掃除をしながら涙があふれてきました。

 C君のことも、A君のことも、早めのクリスマスプレゼントを貰ったような
気分でした。

(しかし・・・C君の状況を後でJ先生に詳しくうかがうと、まずC君がカード
をいろいろめくって訴えているような感じがしたので、J先生が何?トイレ?
と聞きながらトイレのカードを指さすとC君が強く反応した、ということで
C君がうまく使えたというよりJ先生がうまく感じ取って下さった、という
方が近いようでした)
−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 C君は
過去の記事110(選択活動? 意思表出)
過去の記事116(こそばしっこにカードを使うのは? C君の意思表出)
など(他にもいっぱい書き込みはありますが)の「得する体験」の活動を通じ
てカードで意思表出できることを知っていったようです。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182529340

この記事へのトラックバック