私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年04月07日

過去の記事156(今日は懇談会  保護者に提案し相談する)

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校小学部3年目の2学期の話です。
−−−−−−−−−−−−−−−
 12月14日


今日は懇談会  保護者に提案し相談する


 今日は学年学級懇談会でした。

 朝から私は調子が悪く吐き気がこみあげて来て車の助手席に風呂オケを置いて
出勤しました。懇談会だから休むわけに行かない・・・・

 まず○年生全員の保護者の方と担任全員で学年懇談会。
 今学期のお礼とか、今後も意見交換していきたい、というような話をしました。
(意見交換のための書式(フォーマット)が無いので言うだけに終わるかな・・)

 そして担任の方から以下の提案をしました。

「午前の学習の時に、自閉症やその対処法でうまくいく子のグループと、もっと
体を動かしたり感覚運動をしたりした方がいいと思われる子どものグループとを
分けて学習したい。これはより個別の課題にそった授業をしたいからである。
ついては保護者の方はどうお考えになるだろうか(場合によっては取り消しも
やぶさかではない)」

 担任の間で、この提案をする時、保護者の方が「なんでこの子とこの子が
分かれるのだ」という保護者の方のご不満が出てこいなだろうか、という危惧を
持っていました。かなり緊張しての提案でした。

 しかし出てきたご意見は「いろいろやってみて頂きたい。場合によっては
学部全体もそういうふうに考えてグループ化してみてもいいのでは」という
ようなご意見でした。

 まあひょっとしたらご不満のある方が言わなかっただけかもしれませんが。

 実は、学校側からこういうような提案を「どうですか」という形で出すのは
間違っている、という考え方もあります。「どうですか」じゃなくて「学校は
こうするんだ」と言わなければならない、という考え方です。

 でも、私にはその考え方はすごくしんどい。ひょっとして提案が覆されること
があっても「相談と合意」をしながら進んでいけた方がよっぽど楽だと思って
います。

 その後、学級に分かれて「個別懇談」をしました。

 給食が終わったら即、帰らせてもらいました。で今まで朝ごはん、昼ごはん
抜きでこんこんと眠っていました。ふー、明日は元気に出勤できるかな。
−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 結構私の体調が悪かったことがわかります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182529310

この記事へのトラックバック